第二子 妊娠中 過ごし方

どう過ごす?第二子妊娠中の過ごし方

第二子,妊娠中,過ごし方

 

第二子を妊娠中は、上の子のお世話があるのにつわりで辛かったり、
お腹が大きくなってきて行動範囲が狭くなったりと大変なことが多いですよね。

 

第一子妊娠中とは過ごし方が全く異なってくると思います。
世の先輩ママさんたちは、どのように過ごしているのでしょうか。

 

まとめていきたいと思います。

 

一時保育に預ける

私もそうでしたが、つわりが終わっても妊娠中は何かと疲れやすかったりだるかったりします。

 

そうなってしまうと上の子を遊ばせてあげることができないので、
地域の保育園が行っている一時保育に預けてしまうというママも多いようです。

 

特に子供が1歳半以上になってくると外で遊びたがるので、
妊娠している身で相手をするのは本当に大変です…。

 

一時的にでも預けることができれば、
体を休めることもできますし、束の間の自由時間にもなりますね。

 

児童館に行く

ママの体調が悪くなければ、外出して児童館で遊ばせるのも手ですね。

 

普段から児童館に行っているママは多いと思いますが、
そういった場合はお友達ができていることが多いと思います。

 

お友達がいればなおさら、ママがいなくても遊んでくれるので逆に楽ですね。
もちろん、目は離せませんが…。

 

ただ、好きなときに横になることができないので、
体調が思わしくなければやめておくのが無難ですね。

 

一緒にいる時間を大切にする

上の子と一緒に2人きりでいられる時間もあとわずかです。

 

もちろん新しい命の誕生は喜ばしいものですが、
下の子のお世話にかかりっきりになってしまうまでもう少し。

 

上の子を思いっきり甘えさせてあげる時間にするのもいいですよね。

 

私は体調がすぐれない日が多いこともあって、
一緒にいられるときはその時間を大事にするようにしています。

 

遊ばせなきゃ、と思うと出かけないことで子供に悪いことをしているような気がしてきて、
無理に外出して体調を崩してもいけないですし、〜しなきゃ、とストレスを感じてもいけません。

 

上の子にはお家の中でも飽きないような工夫をしてあげて、
一緒にいる時間を大事にするんだ、と意識して無理しないようにしましょう。

 

普段通り過ごす

上の子がまだ1歳とか、そういったママに多いようでした。
まだまだ手のかかる1歳ですから、妊娠中とはいえ上の子のお世話をしないわけにはいきません。

 

そうこうしてバタバタした日常を送っていると、
妊娠のことなんて特に意識しなかったというママもいました。

 

確かに、1歳くらいの子は歩き始めるようになって、どんどん行動範囲が広がる割に
まだあまり分別もつきませんから、目を離せないですものね。

 

体調が悪くなく普段通りに過ごせるなら、それに越したことはないかもしれませんね。

 

 

まとめ

先輩ママの第二子妊娠中の過ごし方としては、以下の4つが主なようでした。

 

  1. 一時保育に預ける
  2. 児童館で遊ばせる
  3. 一緒にいる時間を大切にする
  4. 特普段通り過ごす

 

上の子とだけ一緒にいられる時間もあとわずか。体も大事にしなければなりませんが、
できるだけ楽しく、ストレスをためずに毎日過ごしたいですね^^